熱電対、価格、測温抵抗体、シース熱電対、シース測温抵抗体、温度センサー即納のレボマッチ
会員登録/修正
2016年 09月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
2016年 10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
熱電対、測温抵抗体、シース、温度センサーのレボマッチ
 

熱電対、測温抵抗体、シース熱電対

シース抵抗体、被覆熱電対線、補償導線の販売


焼却炉用など、お客様の仕様で製造することも可能です。

食品用(サニタリー仕様)も製造可能です。

お客様の仕様で製造することも可能です。

仕様や本数によっては、納期短縮が可能な場合もあります。

一度ご相談ください。






熱電対の販売


熱電対は↑の画像をクリック


熱電対とは
二種類の異なる金属を接合し、2つの接合点を異なった温度にすると、温度差に対応した熱起電力が発生して電流が流れます。
この現象をゼーベック効果と良い、この現象を利用した温度センサーの事を熱電対と言います。




測温抵抗体の販売


測温抵抗体は↑の画像をクリック


測温抵抗体とは
金属の電気抵抗は、温度変化によって一般的には変化し、一定の関係があります。
温度と電気抵抗の関係から、電気抵抗を測定することによって温度を測定可能なセンサーの事を測温抵抗体と言います。




被覆熱電対線の販売


被覆熱電対線は↑の画像をクリック


被覆熱電対線とは
熱電対素線に絶縁材料を被覆した物です。
外観は補償導線と似ていますが、補償導線とは違い、被覆熱電対線は片端を接合することで熱電対となります。
被覆熱電対線は長尺品のため、必要な長さに切断し、熱電対を作ることが出来ます。
熱電対素線にビニール、フッ素樹脂、ガラス繊維等の絶縁材料を被覆した物を被覆熱電対線と言います。




補償導線の販売


補償導線は↑の画像をクリック


補償導線とは
熱電対と計測器の間をつなぐ専用のリード線のことです。
熱電対線を延長するのが理想的ですが、数百m伸ばすことも多々有り、このような場合には熱電対線ですと高価であるため
常温付近において、熱電対線と近似の熱起電力特性を有するのが補償導線です。
補償導線は熱電対の種類に適合した種類があります。



熱電対部品の販売


熱電対部品は↑の画像をクリック


熱電対部品



巻線白金測温抵抗体素子の販売


巻線白金測温抵抗体素子は↑の画像をクリック


巻線白金測温抵抗体素子








熱電対


  • シース熱電対ガラスリード


  • シース熱電対ビニールリード


  • シース熱電対シリコンリード


  • 端子箱シース熱電対


  • モールド型熱電対


  • 先端溶接熱電対


  • 表面用熱電対








  • 測温抵抗体


  • シース測温抵抗体


  • 保護管抵抗体


  • 端子箱付シース測温抵抗体








  • 被覆熱電対線


  • ビニール被覆熱電対線


  • ガラス被覆熱電対線


  • テフロン被覆熱電対線








  • 補償導線


  • ビニール絶縁補償導線


  • ガラス絶縁補償導線


  • シリコン絶縁補償導線








  • 熱電対部品


  • 熱電対コネクタ(オメガコネクタ)


  • 銀ロウ棒








  • 白金測温抵抗体素子


  • 巻線白金測温抵抗体素子









  •  
     
     

    ページトップへ